小児歯科

小児歯科

キッズスペースあります

乳歯は、むし歯になっても永久歯に変わるから大丈夫だと思って安心していませんか?
それは大きな間違いです。
乳歯の時にこそ(むし歯、歯の喪失、歯並び、食生活…etc)
大切にしないと永久歯に影響を与えます。
歯がはえ始める頃から定期的に歯科医院で診てもらい、健康な歯で一生過ごせるようにしましょう。

大切な歯の役割
乳歯は抜けかわる歯だからといって、粗末にしてはいけません。
乳歯は丈夫な永久歯がはえる準備をする大切な歯です。
乳歯で噛むことによって、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせがうながされます。
お子さまをむし歯から守るために
乳歯は永久歯に比べてむし歯になりやすく、また、一度むし歯になると早く進行します。
ですので、むし歯になりにくい歯にするためには、日々の歯磨きや習慣を見直し、しっかりと予防処置を行うことがとても大切です。

正しい生活習慣と定期検診

  • 甘いものを摂り過ぎない
  • 正しい歯磨きを行う
  • よく噛んで食べる
  • お菓子と甘い飲み物の組み合わせはさける
  • おやつのあとは、必ず歯磨きをする

むし歯予防には正しい食生活が一番大事です。
毎日のちょっとした努力でむし歯は予防出来るのです。 正しいブラッシングや定期検診に行く事が何よりのむし歯予防になります。

  • 当院独自のホワイトニグ治療
  • 小児矯正について

予約フォームへ

お問い合わせ